自分の子供の歯並びが気になる

私は、現在床矯正を行っていますが、なぜ床矯正を始めたかというと自分自身の子供の歯並びが気になったからです。ずっと一般臨床しかしていなかった私にとって自分の子供の予想される歯並びを何とかしたいという思いから床矯正を始めました。

うちの子供は永久歯がだいぶ生え換わり、犬歯が生え始めたとき小臼歯はもうすでに1本生えており明らかに犬歯の生えるスペースがありませんでした。このままほうっておいては確実に重なってしまいます。そこで現在床矯正をしております。

私は、歯科医なので情報があり、それに向かって対処の方法を探しております。
このようにお子様の歯並びが気になるお母さまは多いと思います。
気になること御心配なことや今のお子様の状況についてお聞きになりたいことがありましたらお気軽にご相談ください。

床矯正

親御様にとってお子様の歯並びはとても気になると思います。乳歯が抜けこれから生えてくる永久歯のスペースがないのでは?またすでに重なっている歯がありご心配な方お子様が小さいからって矯正はまだ必要ないの?とお考えの方は、少なくないと思います。

通常の矯正治療は、場合によりスペースがないと小臼歯が生えてくるのを待ち抜歯しスペースを作り歯を並べていくというアメリカ式の矯正方法です。その為今は様子を見ましょうと小臼歯が生えてくるまで様子を見てなかなか治療に入らない場合もあります。
床矯正は、非抜歯で顎を拡大しスペースを作りだし歯を並べるという方法です。

お母様、お父様が気になり始めたその時が治療開始の時期かもしれません。犬歯が生える前までその為に治療を開始すると装置も少なく治療費も安価になる事もございます。

犬歯が生えてしまうと犬歯の位置を動かすため臼歯を後ろに動かさなくてはならなかったり、前歯を前に出すために費用と時間がかかる場合があります。

どうぞ様子見する前にご相談頂ければと思います。

連絡先:TEL:025-525-2340

キッズルームのご案内>>

▲このページのTOPへ